top of page
  • 執筆者の写真kosakawebsite

楽譜を作っていて思うこと

最近楽譜をちょこちょこ作っているのですが、1つの曲に対して、ライブ音源とCD音源両方を楽譜にしてみてわかったことは、伴奏が、ライブ音源の方が、オリジナル音源(CD音源)よりも進化しているということ。



たしかに、曲をスタジオでレコーディングする時は、まだ、ミュージシャンの方達が、曲への付き合いが浅い状態で、レコーディングするけど、ライブするころには、曲への理解や、メンバーがどうアプローチするのかもわかってきているから、もっと踏み込んだアドリブや、合いの手が入るんだなぁと、納得しました。



だから、ライブ音源の方が良い、という風に考えてしまいそうになるのですが、CD音源の方は、初期ならではの、無垢?な感じというか、透明な世界観を感じるので、どちらも好きです。初演が好きか、千秋楽が好きか、みたいな気持ちになりました笑


楽譜を作っていて、左手の伴奏部分をどうするのか、はいつも本当に悩みます。

ドラムの音をメインにするか、ギターの音の流れをひろうか、ピアノか、ベースのルート音に寄り添うか、、、複雑になりすぎても、弾くのが大変で。


やっぱり、弾いて楽しい気持ちになるのが1番大切と思いつつ、採譜していけばいくほど、音源


の魅力に気づくので、その魅力を引き出したくなります。

そういう訳で、私の解決方法は、上級と中級の2種類の楽譜を作ること、でその悩みを解決してあります。2倍作らなければならない大変さはありますが、時間を忘れて熱中してます。




閲覧数:3回0件のコメント

最新記事

すべて表示

ピアノコンサートが適していない場所で行う時の対処法。

先週ロビーソロコンサートを行いました 1人のコンサート。 使用するピアノはアップライト。 基本ロビーは絨毯がひかれており、 人通りも多く 天井は低い。 というこのような条件でピアノを弾くことは今までの人生であまりなく。。。 ピアノの技術的な問題より、音が皆様に伝わるか、の方がとても心配で心配で、、、 自分も、自分が弾いた音が聞こえないんじゃないかと、心配で心配で笑 ということで、 対策に ブームマ

Comments


bottom of page