top of page
  • 執筆者の写真kosakawebsite

ピアノだけを教えるレッスンに固執しない指導法(作曲法)

更新日:6月12日

今日はピアノを弾くのも好きですが、作曲に興味深々な生徒さん2人に、絵本のBGM作曲を宿題にだしてからの最初のレッスンでした。




小学校2年生の生徒さんが本を読み進めながら、嬉しそうに曲をどんどん弾いていきます。その姿をみて、このレッスン方法に変えて、本当によかったな。と思いました。なぜなら、ピアノ曲を指導する場合、「楽譜に忠実に、間違えないように弾く」という考えの元で、レッスンを進めていくので、生徒さんの創造性も、決められた音符の中でしか、発揮できないからです。




もちろん、そういった「楽譜ありきの音楽」に関わっていくのも大事ですが、自らの力だけで音楽を生み出す能力を伸ばしていくことは、心の解放や、自己理解、自己表現、音楽を素直に楽しむ方法として、とても大事なことだと思っています。




そういう、「自分を出す」という作業が、楽譜があると、「楽譜があるのを弾く方が簡単だから。」や「自分で考えた音楽を出すのが恥ずかしい」という気持ちで、埋没していってしまう場合が多くあるように思います。ぜひ、楽しく、楽譜にとらわれずに音楽を奏で続けていく方法も、覚えていってほしいと思っています。




その絵本のBGMですが、人によって、こんなにも曲調がかわるのか💡と目が大きく開く思いで聞いていました。短調を中心に音楽を展開していく生徒さん、四七抜き音階のような独特な音階で展開していく生徒さん。とても聴きごたえがありました💡88鍵をあますところなく、子供のころから使えるのが、作曲のいいところでもあります。絵本に紡がれている言葉の機微が、音楽で増幅するように気を付けながら、作曲できるように、一緒に考えていっています。



ピアノの指導だけにとらわれず、生徒さん一人一人の、音楽でやりたいこと、を具現化できる方法を伝えていきたいと思います。





閲覧数:5回0件のコメント

最新記事

すべて表示

ピアノコンサートが適していない場所で行う時の対処法。

先週ロビーソロコンサートを行いました 1人のコンサート。 使用するピアノはアップライト。 基本ロビーは絨毯がひかれており、 人通りも多く 天井は低い。 というこのような条件でピアノを弾くことは今までの人生であまりなく。。。 ピアノの技術的な問題より、音が皆様に伝わるか、の方がとても心配で心配で、、、 自分も、自分が弾いた音が聞こえないんじゃないかと、心配で心配で笑 ということで、 対策に ブームマ

Comments


bottom of page